So-net無料ブログ作成
検索選択
アメリカ刑事訴訟法 ブログトップ
前の1件 | -

[3-3-3] 捜索場所などの特定の要件 [アメリカ刑事訴訟法]

アメリカ刑事訴訟法の勉強も、7月30日を最後に途切れていました[ふらふら]
原稿は作成してあったのですが・・・
英語カードを再掲載して、日本語対訳をアップしました。
引き続きアメリカ刑事訴訟法も勉強していきましょう[メモ]



アメリカ刑事訴訟法の英語カード38枚目です。

[3-3-3] Requirement of particular description

The Fourth Amendment requires that a warrant contain a particular description of the premises to be searched, and the things to be seized.

This means that the warrant must be specific enough that a police officer executing it, even if she had no initial connection with the case, would know where to search and what items to seize.


アメリカ刑事訴訟法の英語カード38枚目の日本語対訳です。

[3-3-3] 捜索場所などの特定の要件

合衆国憲法第4修正条項は、令状には捜索される場所や押収される物を特定して記載されなければならないと規定している。

すなわち、事件に最初から関わっていない警察官であっても、令状を執行する際に、どこを捜索し、何を押収すべきかをわかりうる程度に特定して令状に記載されなければならない。

(Vocabulary)
The Fourth Amendment 合衆国憲法第4修正条項
description 記述、記載
premises 不動産、土地や建物。この意味で用いるときは必ず複数形です。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の1件 | - アメリカ刑事訴訟法 ブログトップ